高級デリヘルとは何か

 一部で熱狂的な人気を博しているのが高級デリヘルと呼ばれているサービスですが、では高級デリヘルとはどのようなサービスなのでしょうか。
 「デリヘル」という名称が付いているのですから派遣型風俗である事は間違いないでしょうが、高級デリヘルとは派遣されてくる女の子がまさに水商売でも通用するのではないかといったような出で立ちで登場するのです。
 通常のデリヘルの場合、女の子は私服での登場になりまうのでプライベート感が演出されているものです。

 ですが高級デリヘルは違います。
 高級デリヘルは高級感を売りにしたもので、派遣されてくる女の子はプライベート感など微塵も感じさせないものとなっているのです。
 そのため、水商売が好きな男性にとっては高級デリヘルはまさに「理想」とも言えるサービスとなっているのです。
 水商売にいそうな女性が自分に性的奉仕を行ってくれる…想像するだけでどこか爆発してしまいそうになってしまう男性もいるのではないでしょうか。

東京のデリヘル情報→デリヘル東京

デリヘルの女の子はかわいい

品川のデリヘルは、やはり女の子が、自分のホテルや自宅まで、出張してきてくれるところが、いいところなんですよね。もちろん普通のデリヘルへ行くのも、決して嫌いじゃないんですよ。風俗は、僕は基本的に好きで、その楽しみのひとつが、風俗店に入るときの、あのドキドキ感であったりすることも、僕の場合には小さくないんです。

でももちろん、デリヘルで、女の子が来てくれるのもいいですよね。やはり何と言っても、初めて女の子が来てくれる時、ご対面する時が、ドキドキしていちばん楽しいですね。

デリヘルの女の子って、だいたい、半端なくかわいいことが多いんですよ。ヘルスなどとは、ランクが、完全にワンランク上だと言えるのじゃないでしょうか。ヘルスの女の子は、やはりどうしても、いかにも風俗嬢という感じが、するわけなんですよね。ところがデリヘルの女の子は、風俗っぽさが、微塵もなかったりする。普通の、ちょっと派手目の女の子が、多いんですよね。

もしデリヘルを、まだ試したことがない人がいたら、ぜひ試して見ることをおすすめしますよ。たぶん、あまりに可愛くて、びっくりするんじゃないかと思いますね。間違いありません。保証します。

おすすめのデリヘル→デリヘル品川

デリヘルのサービス各種

デリヘル東京

デリヘル東京

 デリヘルでの定番になっているサービスはかなり幅が広い。本番以外は殆んどOKと言う女性もいるが、人によっては出来ないプレーもある。主なものは、ディープキス、全身リップ、乳首舐め、玉舐め、アナル舐め、フェラ、パイズリ、69、スマタ、口内発射、指入れなどで、このほかにソフトSMや前立腺マッサージが無料で入る場合がある。

 このほかのものはコスプレを含めて有料オプションになる。ローターやバイブ、電マと言った機器は大概オプションになる。コスプレはセーラー服やスクール水着など、事前に行っておけば用意してくれる。このほかには3Pやアナルファック、クスコ、放尿プレーなどは女性によってはNGの人もいるので確認が必要だ。

 ニューハーフなどはアナルファックや逆アナル定番になっているが、女性の場合はそうもいかない。SMの場合の責め具も特別なものでなければ無料の場合が多い。また、フィスト、アナルフィストなどが趣味の人は事前に問い合わせておかないと、相手がNGの場合は、トラブルになるので気をつけたい事項だ。

ネットの発達で予約はメールで

 最近はネットの発達で、チラシが全て画像に変わった。お店のサイトを見ると、どんな女性が在籍しているかが一目でわかるようになっている。以前はケータイでは分かりにくかったものが、最近画面の大きなスマホが増えてきたことから、ケータイ端末で見る人が圧倒的に多くなってきた。

 当然、デリヘル東京もメール予約が増えてきた。2日前までにすれば割引になるので、移動中にアクセスする人も多い。これは若い世代に限った事ではなく、中年世代もケータイ端末に慣れた人が多くなってきたことから、今後需要は増えていくだろう。

 ネットで調べると、好みの女性の得意なプレーがすぐに分かる。定番になっているデリヘルのプレーにどんなオプションが可能何かが分かるのだ。顔射やごっくん、アナルファックや放尿と言うとNGの女性の多いので、特に希望のプレーがあるお客は、この辺りを確かめるのだ。中にはフィストやアナルフィストの出来るという女性が居ることを売りにしているお店もあるので、よく調べてみるとおもしろい。

格安店や割引が多い

 デリヘル東京も景気後退と震災の影響で、客足が鈍っていたが、人間の本能はどうする事も出来ないので、また戻ってきたようだ。ただ、デリヘルもデフレの波は強く、ラスト割引やネット割引、格安表示など、1時間7000円、90分10000円と言うお店も現れた。女性も数をこなさなければ収入が増えないので、大変な時代になってきた。

 デリヘルの料金は、70~90分で20000円位と言うのが相場の様だ。サービス内容も充実していて中にはソープ並みのサービスをするお店もある。ラブホテルはベッドも広く、バスルームも完備しているので、幅広いサービスが可能なのだ。ただ、基本的にはベッドプレーが中心である。

 デリヘル東京の集中してある場所は、ラブホのメッカである渋谷のほか、池袋、新宿、六本木、上野、錦糸町などのターミナル駅が多い。お客も便利だし、女性を集め易いのも理由の一つだ。ニューハーフ系は新宿、上野、六本木が多く、池袋はSM系のお店が有名である。錦糸町は人妻・熟女のメッカとして知られている。

デリヘルとラブホの関係

 東京でラブホテルのメッカと言えばやはり渋谷である。円山町を中心に70件以上がひしめいている。このためデリヘルもいろんなスタイルの業種、人材を揃えている。デリヘル東京は単なるヘルスだけでなく、性感・ファッションマッサージとジャンルを広げている。外国人を揃えた金髪ヘルス、韓国、人妻、熟女、デブ専のほか、ニューハーフ、男性派遣、ダッチワイフをデリバリーするラブドールなんて業態も登場した。

 女性は交通費さえ出ればどこにでも出張する。自宅でもシティホテルでもOKである。ただ、シティホテルは女性を呼ぶことを禁じている所もあるので、女性と待ち合わせ、連れだって入らなくてはいけない様だ。男性の派遣ホストや派遣M男性も女性がお客様と言う非常に小さな市場であるが、確実の存在している。

 また、人妻・熟女ヘルス需要が最近多くなり、お店もラインナップを増やしている。世の中、若ければいい訳ではなく、お客のニーズも多様化していて、昼間の時間帯に人妻に相手をして欲しいという要望も増えているのだ。

ヘルスの新しい形として登場

 デリヘルの事務所は、大体繁華街の雑居ビルの中にある事が多い。そこに在籍している女性は先ず出勤し、そこから付近のラブホテルに向かうのだ。お客は最近ネット予約が多いので、電話でお客と話をすることが少なくなった。このシステムがデリヘル東京のスタイルと言えよう。

 従来は狭い個室にお客を呼んで、そこで女性がサービスするのがヘルスであったが、中で売春行為が行われたり、管理売春の温床になることから90年代に風適法が改正された。そこで登場したのがデリバリーヘルスで、女性が出張してサービスをする無店舗スタイルである。これが通称「デリヘル」だ。

 お店側は店舗を持たなくていいので、固定費が無くなった訳で、ラブホテルの多い所に事務を持てば、後はいい女性を確保すれば出来る商売なのだ。最近は、ラブホテルと契約して安い料金で、必ず部屋を確保しておくお店も多くなっている。また、ホテル代はお客持ちと言うところがお店には非常にいいシステムになっている。